2014年11月6日木曜日

11月3日(祝・月)、クックパッド様の新オフィスにて「第2回Romoハッカソン」を開催いたしました!


三連休の最終日にも関わらず多くの方に集まって頂きました!
クックパッド様に新オフィスのオープンキッチンを会場としてご提供頂き、
解放的で眺めも良く、とても気持ち良い空間で
「料理を楽しみにする家電ロボットをつくろう!」と言う課題に挑戦して頂きました。

ところどころでRomoのタイヤの音や声が響き渡っていましたが、
まわりの人も思わずひそひそ声になるほど皆様は終始集中されていました。
 
タイムテーブルは以下の通りでした。
9:30
受付開始
10:00
ハッカソン概要/審査員紹介/各種API紹介 /RomoSDK紹介
10:30
Romoハッカソン開始
17:30
プレゼンタイム
18:45
審査発表
19:15
終了
全ての参加者に開発したRomoアプリを発表頂き、
料理と言う枠組みの中でも千差万別のアプリができていて、とても楽しい発表でした。
 
今回の受賞Romoアプリは以下の通りです。
■池澤あやか賞/池澤あやか(東宝芸能)
「食事中笑顔になると自動で写真を撮ってくれるRomoアプリ」
顔を認識し、顔に合わせてRomoの角度や位置が変わり、笑顔を認識すると写真を撮ってくれる!
このまますぐ使えそうな完成度の高さが評価されました。
■クックパッド賞/舘野祐一(クックパッド株式会社 執行役 CTO)
「料理を作っているときも子供が喜ぶRomoアプリ」
レシピの材料、手順などを画面をタップするたびにRomoが順々に読み挙げてくれる。
時には応援してくれたり、内容に合わせて表情が変わり、終わったら喜んで騒いでくれる!
料理をしながら子供とインターアクションを楽しめると言う点が評価されました。
■Romotive賞/池田明広(セールス・オンデマンド株式会社 取締役)
「遠隔お料理教室支援Romoアプリ」
SkyWayというWebRTCプラットフォームで遠隔で料理教室に参加し、
また料理中手がふさがっていてもフットペダルでRomoを動かし、子守もできる!
そしてさらにクックパッドにもつながっていて、ランキングトップのメニューが表示される!
WebRTC API、クックパッドAPI、Romo SDKの3つを見事にmashupされていて、
3名の審査員満場一致の評価で床拭きロボットブラーバを獲得されました。
■特別賞
大阪と名古屋からはるばる参戦して下さり、
オリジナリティあふれるアプリを制作した学生2名に特別賞が贈られました。

「カップヌードルを作る3分を楽しくするRomoアプリ」
3分間Romoが楽しい音楽に合わせて踊ってくれる!
大学生らしいシンプルで楽しいアプリが評価されました。
「レシピをランダムで選んでくれるRomoアプリ」
肉、魚、野菜の分野のうち一つを選ぶと、ランダムでレシピが表示され、
そのレシピをこれから作ります!というTwitterが自動配信される!
レシピのロシアンルーレット的なおもしろさを備えつつ、アプリとして完成してるところが評価されました。
下記が受賞アプリの動きがわかる動画です。
第2回Romoハッカソンにご参加、ご協力頂きました皆様、
本当にありがとうございました!
引き続きRomoの開発者様向けのイベントを開催する予定ですので乞うご期待ください。
LINK集

Romotive 公式HP


Romotive 公式Youtube チャンネル



Romoのワークショップカレンダーはコチラ